表示指定成分とは?

表示指定成分とは、アレルギーを引き起こす恐れのある成分として、昭和40年代に厚生省が102種類指定したものを指し、この102種類の成分を配合している製品は、容器に表示する事が義務付けられておりました。(現在は全成分表示が義務付けられております)
旧表示指定成分一覧(厚生省が定める化粧品表示成分一覧)
以下に記されている成分は、皮膚刺激の可能性があると厚生省が認めた成分で、アレルギー反応を起こす可能性があります。