FAQ

Frequently Asked Questions

 

ヘナペーストを寝かせる時間

≫ ヘナペーストを寝かせる時間について

インドでは、ヘナを髪染めやボディペイント(インドタゥー)に使いますが、一般的に「ヘナペーストを一日寝かせて使用するのが良い」と伝えられています。

これはヘナペーストの発色力が最も高い効果を狙ったものです。
ハーブの薬効が強くなるとか、カブレにくくなるといったものではありませんが、寝かせるほどにペーストにトロミと粘りが生まれて塗りやすくなることは事実です。

ヘナ色素が展開して、発色が最大限~濃い茜色をだすタイミング、実はパウダーを溶かすお湯の温度が深く関係しています。

結論を先にお伝えしますと
「薬効に大きな差はありません。」
「溶かすお湯の温度と寝かせる時間の関係で染毛力に差が生まれます。」

(溶かすお湯の温度)→最も染毛力が強いタイミング
◆20℃前後→2日後
◆30℃前後→1日後
◆40℃~60℃→半日
◆60℃~80℃→一時間
◆80℃以上→溶いてスグに。

この染毛力の最大値を超える(時間が経過する)と、ヘナの色彩は、茜色から黄色(退色)へ変化します。黄色の色彩がお好みの方は、長めに置いてから使用するのもOKです。

(インドのような暑い国では、常温の水でヘナを溶いて使用することが多いため「ヘナは一日置いてから使用する」ことになったのです。)

通常、皆さまにお伝えしている「溶き方の基本」は
「ポットのお湯(80℃~90℃)で溶いて、自然に冷まして、人肌ほどで使用する」です。
お急ぎの方には、この手順が最も高い染毛効果を発揮します。

【アドバイス】

ヘナを使用する計画(1時間後~翌日)に合わせて、溶かすお湯の温度を調節してください。
でも長く置きすぎて、カビが生えたら使用しないでください。
ハーブに含まれるビタミン等の鮮度(酸化)を考慮しますと、「1日寝かせて使用する」のが良い頃合いかと考えています。

1 コメント

ヘナに化学が入っているかどうかを自分で調べる方法を教えてください。

≫ヘナに化学が入っているかどうかを自分で調べる方法を教えてください。

お友達からもらったヘナ(他社製品)の検査方法ですね。[製品箱に無添加という表示がある他社のヘナパウダー]

ご自身で調べられるのは「ブリリアントグリーン」または「ダイアモンドグリーン」という成分だけです。これはパウダーの色を緑色(新鮮に見せる)に偽装するもので

プラスチックなどを染めるための工業用色素です。人体に使用できないもので、発がん性物質です。インド政府でも、国内で健康被害が多発したため、ヘナに決して使用しないように通達しているものです。


≫ 用意するもの

◎レモン(レモン果汁でもOK)またはグレープフルーツ100%ジュース

◎白い大きな紙と定規

 

≫ レモンを絞り、水を加えて希釈します。(100%のグレープフルーツジュースでも可)ヘナを通常よりも軟らかく(水っぽく)溶いたら5分間放置します。その後、ヘナペーストを白い紙に大きく広げます。

≫ ヘナ自体はレモンのビタミンにより酸化して退色(ブラウンになる)しますが、化学色素は色褪せません。そのため紙面上で、緑色または青色の0.3~1.5㎜前後の結晶がそのまま残ります。

 

≫ また使用するために溶いたヘナも化学色素が入っていれば、ペーストが色褪せないので濃い緑のペースト(無添加なら茶色へ変化する)となります。溶いたペーストがパウダーと同じ色であり続けるものは化学色素が入っているものとお考えください。

続きを読む 0 コメント

鉄ボウルを使うのはなぜですか?陶器やプラスチックの容器で溶いても良いですか?

陶器でも、プラスチックでも特に問題ありませんのでご安心ください。

(ピアが鉄ボウル使用を薦める理由)

ヘナを鉄ボウルで溶くと、器の鉄分が滲みでて髪色に深みがでるのです。でも髪にはもっとイイことがあります。

 [鉄分で毛母細胞に元気を] カラダに鉄分が不足すると貧血になりますよね。それは赤血球バランスが崩れ、血中の酸素が減り、カラダの深部に充分な栄養が届かなくなるからです。髪を作る毛母細胞は、その影響を最も受けやすく、抜け毛(薄毛)が増えてくるのです。野菜や鉄瓶で沸かすお湯などから充分な鉄分を摂れた時代も今は昔。薄毛の気なる方には、ピアの100%鉄ボウルで溶くことをおススメしております。 ≫ ボウルの金額&購入

 

0 コメント

ヘアカラーやヘアマニュキアでカブれたことがあるのですが、ヘナなら大丈夫ですか?

化学染毛剤で反応(かぶれ、発疹、ただれ)した方は、頭皮がとてもデリケートになっていますので、化学が完全無添加であるピアのヘナでも痒みがでる恐れがあります。しかしながら化学染毛剤ほどのひどい症状にはなりません。基本的に化学染毛剤と植物染毛とでは、アレルギーの反応(症状)が異なります。(※ジアミン等の人工染料や臭素酸ナトリウムを加える他社製品のヘナは、化学染毛剤使用ケースと同一です)

最後にヘアカラーを行ってから1年以上経過していれば、通常使用できるでしょう。但し、ご使用の前に「パッチテスト」を推奨しております。

化学を一切添加しないピアの無添加ヘナは、アレルギー反応でお悩みだったお客様にも、ご好評をいただいております。


「どこのヘナを使っても、カブレていたのにピアのヘナだけは大丈夫!」

★新鮮で完全無添加のヘナはとても優しい使い心地なのです。

0 コメント

ヘナはどのくらいの頻度で使用したら良いですか?

基本的には、1カ月に1度のヘナパックです。

でも髪が相当傷んでいる方には、1週間に一度の使用を3回続けることを推奨しております。髪に艶とハリが蘇り、健康な頭皮を取り戻せます。

 

白髪のある方は、3週間以内に一度の使用で美しい髪を保てます。(髪は1日に0.4mmほど伸びます。3週間で約1cmほどになります。)

0 コメント

ヘナがついた肌が赤く染まってしまった。どうしたらいいですか?

アムラオイルをコットンに染み込ませて優しく拭き取りした後、クレンジングで洗います。薄くなったシミは2~3日で徐々に消えていきます。

(予防対策)アムラオイルをおでこの生え際、耳、襟足に伸ばしてからヘナパック(インディゴパック)をご使用ください。付いたヘナを落としやすくします。

またヘナパックをした時に、はみ出したヘナを小まめに拭き取っておくことも有効です。

0 コメント

ヘナをしたら髪がごわごわするのですが!?

それはヘナショックと呼ばれている現象です。これは本来の髪質に戻ることによる「ゴワゴワ手触り」や「キシミ」などです。

ヘナが髪の成分に影響(収斂)することにより起こる現象なのですが、キシミが気になるのは最初だけです。2回目以降のヘナパックからはツルツルとした髪へ変わっていきます。もちろん艶もボリュームもアップします。

 シリコンなどが大量に入っているシャンプーなどを使用されていた方、ヘアカラーを頻繁に使用していた方の髪に多い症状です。

 

対策①)初めてヘナパックを行う方は、使用キットについてくる「アムラオイル」をヘナペーストの中に数滴入れて溶かします。オイル成分が髪のキューティクルを整えヘナショックを緩和してくれます。

 

対策②)ヘナを洗い流し、タオルドライの後に「アムラオイル」数滴を手にとり髪に伸ばします。ショートヘアー3滴~ロングヘアー6滴の量が目安です。その後にドライヤーで髪を乾かしてください。オイル成分がライヤーの熱から髪を守り、ヘナショックを和らげます。

0 コメント

ヘナで黒髪を明るくすることはできますか?

1~2トーンアップするまでが限界だと思います。(酸化染毛剤のように明るくすることはできません) また個人の髪質に大きく左右されますので、まったく色が変わらない方もおります。


◎ヘナは物理染毛といって、ヘナの色素(茜色)が髪にまとわりついて染めるものです。そのため傷んだ髪や白髪は表面積が大きいため染まりやすいです。

反面、キューティクルの整った髪、健康な髪ほど染まりにくいです。

大半の方は1トーンアップ程度に髪色が明るくなります。黒髪ならば「ダークブラウンヘアー」に変わるイメージです。

(対策)髪色を明るく仕上げたい方は、ヘアカラーの後にヘナをご使用ください。

交互に使用することにより、ヘアカラーで傷んだ髪をヘナで修復することができます。

0 コメント

パウダーの色が毎年変わるのはなぜですか?

それは毎年、収穫された葉の色そのものなのでご安心ください。ピアはヘナの品質を落としたり、古いものを販売することはありません。

ヘナファームはとても広大です。毎年10月の刈り入れ時には一斉に収穫を始めるのですが、刈り始めから終わりまでの間に、葉の色が変化してしまうのです。もちろんその年の生育環境(日照量、雨量)でも変化します。

続きを読む 0 コメント

溶いたヘナペーストは どの位ねかせてから使用するのですか?

溶いてスグにご使用になれますが、溶いたものを30分以上ねかせておくと色に深みがでます。鉄ボウルでねかせると鉄分が色に深みをだします。

(注意)インディゴ・ヘナ31・35・38・タマリンドについては原料にインディゴが使用されているため、溶いてすぐにご使用ください。

0 コメント

無添加のバッドヘナって何ですか???

工業用色素を加えてパウダーにすると、新鮮な葉のパウダーと見分けがつかない。
工業用色素を加えてパウダーにすると、新鮮な葉のパウダーと見分けがつかない。

ラジャスタン州のヘナマーケットには、大量のバッドヘナ(現地での呼び名、通称)が取引されています。これは化学物質を添加した偽装ヘナのことです。それはプアーヘナ(褪せ葉・枝・雑葉の多いヘナ=染まらない)と呼ばれるヘナに化学色素を加えて、色鮮やかにしたものです。

 天候の悪い年(葉が育たない)には、プアーヘナが特に多くなりますがこれは仕方のないことです。しかしながらそれらを偽装したバッドヘナは、主に台湾と日本に輸出されます。

このバッドヘナを仕入れた日本の業者は、化学が使用されていることを知らされておりません。そのため日本国内では「化学を加えていない無添加ヘナ」と表示されて発売します。

これが「無添加のバッドヘナ」です。

続きを読む 0 コメント

パーマもかけたいのですが?注意することは?

ヘナパック直後は、パーマがかかりにくくなります。もしくはパーマが落ちやすくなるでしょう。髪の表面をヘナ成分がコートしているので、パーマ液が浸透しにくい状態です。パーマといっても様々な薬液があります。

強いパーマ液の使用ならヘナの上からでも効果がありますが、成分上、決しておすすめできません。

 

またパーマ(もしくはストレートパーマ)をした後に、ヘナを使用すると…正直に申し上げて「分かりません」という答えです。ピアのヘナを使用される美容師の皆さまからのご意見も二つに分かれるところです。

→パーマが取れたような気がする。

→逆にパーマの持ちが良くなったと思う。

続きを読む 0 コメント

インディゴのペーストがボロボロして塗りにくい。どうしたらいいですか?

インディゴに粘着性のある「タマリンド」を少量加えると、ペーストがネットリして、とても塗りやくなります。  ≫タマリンドとは?

(参考)インディゴは、毎年のコンディションで「塗りやすさ」が変わります。これは環境(日照量、雨量)によるものです。2013年~2014年度のインディゴは、ボロボロしやすい傾向にありますが、反面、とても染毛力のある葉でもあります。

おでこの生え際、もみ上げ部分は色が入りにくいですので、コットンにペーストをのせてかぶせます。

0 コメント

生理中の人がヘナパックをしても大丈夫ですか? また妊娠中の場合は?

ヘナパックは控えてください。出来れば、生理になる2〜3日前か、生理後5日位たってからの使用をお勧めします。

妊娠中の場合にも、安定期を迎えるまでは使用をお勧めしておりません。それはヘナが胎児にどのような影響を与えるものかの化学的な検証データがないためです。

インドでは、妊娠3ヶ月までは使用を控えるそうです。ヘナは「毒を体外へ出す」「カラダの熱を鎮める」特性があるためです。

 

::::

 

◎参考

お客様から「ひどい生理痛がヘナで和らいだ」といったご意見もいただいております。

 

 

0 コメント

残ったペーストはどうしたらいいですか?

翌日に使用するのであれば、冷蔵庫に保管します。使用の前に湯煎してからご使用ください。インディゴもしくはインディゴが配合してある製品(ヘナ31、35、38、タマリンド)は保存できませんので使い切るようにしてください。

ヘナペースト…植物の肥料としてご使用ください。肥料の替わりになりますので、植物がとても元気になります。

 (※ご注意|ピアのヘナは無添加ですので肥料として有効ですが、市販のヘナには化学薬品が配合されており、植物に与えると枯れてしまいますのでご注意ください)

また洗面所や台所で排水管の臭いが気になるところへ流します。ヘナの殺菌成分が臭いの発生を抑えます。

インドでは足の裏にヘナを塗ります。これも確立された治療法でデトックス効果があるそうです。また足裏の皮膚トラブルにも有効です。→ペーストを足裏にぬってガーゼをあてる&靴下を履いてお休みください。


インディゴペースト…薔薇などにつくアブラムシ除けに効果があります。または要らなくなったハンカチやタオルを染めて楽しむのはいかがでしょうか。

0 コメント

インディゴを使用した頭皮が痒くなったのですが?

頭皮に使用したインディゴパックは何分置かれましたか?またインディゴは溶いてスグに使用しましたか?

インディゴは水に溶いた後、急速に成分変化(酸化による)を迎えます。

髪の色を染めるのに有効なタイミングは、塗り終わってから1時間、長くて1時間半までです。それ以降は酸化がすすんで染毛効果がなく、同時に痒みの原因物質に変わります。

また使用後の湯すすぎが不十分な場合にも痒みがでますので、洗髪はしっかりと行ってください。

:::::

インディゴはマメ科の植物なので、痒みがでやすい成分です。

痒み予防としてタオルドライ後にアムラオイルの頭皮マッサージが効果的です。

≫ インディゴをもっと詳しく

 

0 コメント

「インディゴ」とネットで調べると「化学染料」とでるのですが!?

ジーンズを染めたりする工業用の青色染料もインディゴ(アメリカ連邦食品医薬品化粧品法 [FD&C] のBlue No. 2[青色2号])と呼ばれているものですが、これは全く別の化学染料です。

当社のインディゴとは、ナンバンアイの葉から抽出した天然色素100%の植物パウダーですのでご安心ください。製品への成分表示には「ナンバン藍葉」と表記しております。


0 コメント

表示指定成分とは?

表示指定成分とは、アレルギーを引き起こす恐れのある成分として、昭和40年代に厚生省が102種類指定したものを指し、この102種類の成分を配合している製品は、容器に表示する事が義務付けられておりました。(現在は全成分表示が義務付けられております)
旧表示指定成分一覧(厚生省が定める化粧品表示成分一覧)
以下に記されている成分は、皮膚刺激の可能性があると厚生省が認めた成分で、アレルギー反応を起こす可能性があります。

0 コメント

なぜ化学染毛料が危険といわれているのですか?

【ブリュッセル/ベルギー AFP】欧州委員会(European Commission)は、毛髪染料に使用されている化学薬品22種類について、長期間使用した場合、膀胱ガンにつながる恐れがあるとする研究結果を受け、化粧品成分に使用を禁止する方針を発表しました。

<グンター・フェアホイゲン(Guenter Verheugen)欧州委員会副委員長(企業・産業担当)は、「安全が証明されない物質は、市場から消しておくべき。高い安全基準の設定は、EU圏内の消費者の保護のみならず、欧州の化粧品業界に法的確実性を与えることでもある」と説明する>

 

 ::::::

 

これは海外のだけの話ではありません。日本の染毛剤をつくるメーカーが使用する原料も同じものです。

 

[国が規制できない事情]

しかしながら日本の染毛剤産業は1500億円規模。ここまで大きくなった産業に原料規制をおこなうことは産業界への大きな影響を与えます。厚生省は経済状況を鑑みて段階的に規制を行う方向性ですが、とても時間のかかることでしょう。

 

 ::::::

 

「お医者さんの家族は、毛染め剤を使用しない」という噂があります。また「美容師は子宮がんの罹患(らかん)率が異常に高い」という噂も。 週刊誌のゴシップ話を鵜呑みにすることはしませんが、インターネットで関連のテーマを検索するとたくさんの実体験があるようです。

自分のカラダに相応しいものを、自分で調べて使用する時代です。

 

0 コメント